HOME »  社長コラム » 「コーラは歯を溶かす!!実証実験」

社長コラム

「コーラは歯を溶かす!!実証実験」

2021年8月 1日掲載

 子どもたちは待ちに待った夏休みが始まり、楽しい日々を過ごしていることでしょう。一方、長い夏休みは親達にとってストレスを抱える時期でもあります。「早く二学期が始まって欲しい!!」これは親達の本音だと思います。
 私が子どもの頃、夏休みの宿題に自由研究がありました。毎年課題がなかなか決まらず悩んだものです。夏休みが残り一週間を切った頃、泣きながら自由研究に取り組んだことを覚えています。父が職人だったこともあり、課題は工作系が多かったと思うのですが、具体的に何を作ったのか全く覚えていないんですよね。自分自身で課題を決めて取り組んでいれば記憶に残っていると思うのですが。夏休み最終日に朝から晩まで宿題に追われていたことは今でも鮮明に覚えています。
cl253.png
 夏休みの自由研究でとても印象に残っていることがあります。私の記憶が確かならそれは小学3年生の時のこと。隣のクラスの男子が「コーラは歯を溶かす!!」を自由研究の課題として取り組みました。実にユニークな自由研究ですよね。自分の抜けた乳歯をコーラに浸して、歯の溶ける様子を写真撮影して模造紙にまとめられており、休み時間になると廊下に飾られた彼の自由研究には常に人集りができる程の人気でした。子どもの頃、親からはコーラや炭酸飲料を飲むと歯や骨が溶けるから、飲んではダメと言われたものです。きっと彼はそれが真実なのかを知りたくて、夏休みの自由研究として実証実験を行ったのでしょう。コーラに浸した歯が日に日に溶けていく様子を見て、その時はコーラや炭酸飲料は二度と飲まない!!と心に誓ったのですが、あれから40年経った今、コーラではなくビールを飲むようになり、歯が溶けることより血糖値を心配するようになりました。ビールが旨い季節ですが、健康に注意しながら程々に晩酌を楽しみたいと思います。

このページの先頭へ