HOME »  社長コラム » 「あれから10年」

社長コラム

「あれから10年」

2021年3月 1日掲載

 2011年3月11日金曜日。リフォーム体験館長野長池店のオープンを翌日に控え、朝から準備に追われ慌ただしい時間を過ごしていました。オープニングイベントにはフードファイターのジャイアント白田氏をゲストに招いてクッキングショーが予定されており、ショールームに展示した最新型の対面キッチンで行われるクッキングショーはイベントの目玉企画でもあり自然と準備にも気合が入りました。イベントの準備は午前中に完了したものの、この日午前中に納入されるはずの商品棚が届かなかったため、先に昼食を取ることにしました。商品棚が届かないことには会場内にテーブルや椅子を設置できないため、荷物の到着をまだかまだかと心待ちにしていました。午後2時を回った頃、ようやく荷物が届き、社員と一緒に設計図を見ながら棚を組み立て「間もなく完成!!」と言う時、地響きと共に今まで経験したことがない大きな揺れに見舞われました。完成したばかりのショールームの壁にはヒビ割れが起き、ユニットバスの浴槽に張った水は地震の揺れにより半分以上が溢れ出て、ショールームは水浸しになりました。揺れが収まるのを待ち、急いでテレビをつけました。その時はまだ各地の被害状況が把握できなかったものcl248.gifの、揺れの大きさからただ事じゃないと感じ仕事を早めに切り上げて家路へ急ぎました。その後、津波や原発事故がニュースで映され、東北の壊滅的な被害を目にして愕然としました。ショールームが完成し「さぁーこれから頑張ろう!!」と言う時に神様は試練を与えてくれるものだと感じましたが、今更後戻りはできないので腹を括るしかありませんでした。東日本大震災から10年を迎えた今、世界中がコロナウイルスと戦っています。過去は変えることができませんが、未来は自分の力で変えることができます。長い冬から季節は春へと移り変わります。元気を出して頑張りましょう。

このページの先頭へ