HOME »  社長コラム » 冷やし中華終わりました!!

社長コラム

冷やし中華終わりました!!

2019年10月 1日掲載

 8月31日土曜日の夕方のこと。お墓まいりに行き、ご先祖様に「今月もおかげさまで無事に過ごすことができました。ありがとうございました!!」と報告を済ませ、いつもより少し早く帰宅した。夕食までには時間があったので、SUNらいふ10月号のコラムを書き上げることにしたのだが、毎度のことながら、なかなかテーマが決まらない。先に夕食の準備をしようと冷蔵庫を開けるとマルちゃん冷やし中華が一袋だけ残っていた。そんなわけで、今回のテーマは冷やし中華に決まり!!
 9月末に開催される「第二回みんなのマキ☆フェス」の屋台のメニューにトーストが加わった。お客様にunionで取り扱っている「和」の角食パンの味を知ってもらうには打って付けの機会だ。お盆休み前に大量の食パンを買い込み、休み中メニュー開発を行った。カレーサンド、ピザトースト、小倉トーストなど、連日たくさんのメニューを作ってみたものの、パン食が続けば誰でも飽きてしまう。ましてや真夏は食が細くなるため、ソーメンや蕎麦、冷やし中華な
cl231.gif
ど、ノド越しの良いメニューを自然と選びたくなるものだ。私は麺類の中で特に冷やし中華が好きなので、お盆最終日にネットスーパーでマルちゃんの冷やし中華を注文した。その数、5袋。もちろん、一袋に3食分が入っていることは理解していた。そして、毎食冷やし中華が続いたのだが、パン食と同じように直ぐに飽きてしまい、残った冷やし中華は長らく冷蔵庫で熟成されることになった。毎年初夏を迎える頃、行きつけの食堂に「冷やし中華始めました!!」とポスターが貼られる。夏のスタートはこのポスターが合図の代わりになっている。8月31日、冷蔵庫に残っていた最後の冷やし中華を平らげ、「冷やし中華終わりました!!」と宣言をし、今年の夏が終わった。さらば夏。

このページの先頭へ