HOME »  社長コラム » 支離滅裂

社長コラム

支離滅裂

2019年4月 1日掲載

 「それではお先に失礼しまーす。お疲れ様でした~!!」事務所の下駄箱で靴を履き替え、帰ろうとした瞬間、「社長~コラムお願いしますね!!」とSUNらいふの制作責任者に呼び止められた。「提出期限はいつまで?」と問うと、「明日の午後3時までです。」ときっちり期限を指定された。普段から社員たちに対し、「仕事は必ず期限を決めて取り組もう!!」と指導をしているだけに、彼女の指示に従うしかない。帰宅後、夕食を済ませ「さー、やるぞ!!」と気合を入れてパソコンを立ち上げるものの、コラムのテーマがなかなか決まらず、時間だけが過ぎて行く。こんな時は気分転換をすることにしている。最近ハマっている「氷室京介」のライブ映像をYouTubeで見入っていると、私の足元でマツコが社員たちからプレゼントで頂いた猫じゃらしで遊んでいる。そうこうしているうちに、最近、母とあまり会話ができていなことを反省し、手紙を書くことにした。最高の親孝行は「近況報告」と私は心に決めている。今自分が一生懸命取り組んでいること、大切にしていることなど、面と向かっては照れ臭くて話せないこと
cl225.gif
も、不思議なことに手紙だと素直な気持ちをそのまま伝えられるものだ。父が亡くなって二年が経過したが、未だ悲しみが癒えない母へ一冊の書籍をプレゼントすることにした。「一0三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもない 篠田 桃紅 著」を選んだ。
 今月のコラムは支離滅裂な内容となったが、そんな時もありということで。次回はしっかりテーマを決めて書きたいと思います。

このページの先頭へ