HOME »  社長コラム » 40年後のまさか

社長コラム

40年後のまさか

2019年1月 1日掲載

 毎週火曜日の午後は会議が行われるため、全社員が本社に集まります。昨年から火曜日のランチは私がまかない料理を振る舞うことになりました。主にサンデーキッチンで紹介したメニューを作るのですが、社員達からは、豚バラと舞茸の炊き込みご飯、蓮根と鶏肉の炊き込みご飯、バターチキンカレーが人気のようです。社員達と一緒に料理をしたり、顔を合わせて食事をする時間は私にとって至福の一時です。お世辞でも「社長の料理は美味しいです!!」と褒めてもらうのは嬉しいものです。
cl222.gif
 子供の頃、母がガスオーブンを使って、度々ご馳走を作ってくれました。忙しい最中、手の込んだ料理を作ってくれるのには理由がありました。当時、ガス機器メーカーリンナイより家庭用のガスコンベックが新発売され、母はコンベックの利便性をお客様に伝えるために、お料理実演を行うことがありました。そのため、実演の前に練習を兼ね、茶碗蒸し、グラタン、クリスマスチキンなどを作ってくれたのです。コンベックの実演が間近になると、普段は質素な晩御飯が一転して豪華になるため、兄と私はそれを楽しみにしていました。コンベックに付属されてくる分厚いメニューブックを見ながら、母に作って欲しい料理をリクエストしたことを覚えております。
 あれから40年、まさかこの私がIHやガスコンベックのデモンストレーションを行うとは母も想像をしていなかったと思います。今年は世のお父さん達にキッチンに立って頂けるように、サンデーキッチンのメニューも工夫を凝らしたいと思います。ご期待新年!!

このページの先頭へ