HOME »  社長コラム » 親孝行とは?

社長コラム

親孝行とは?

2018年10月 1日掲載

 以前参加させていただいたセミナーで、講師から「あなたの会社の強みを3つ挙げてください。」と質問をされました。突然の質問に対して深く考えることもなく、私はこう答えました。「一つ、型に捉われることなく自由な発想で新しいことにチャレンジできる社風。二つ、陰日向なく、良く働いてくれる社員が集まった会社であること。三つ、マキノのことを理解してくださり、日々応援してくださるたくさんのお客様とお付き合いをさせて頂けること。」と答えました。そして私は「〇〇先生、弊社の強みは四つあるので、もう一つ付け加えさせてください。」と伝え「弊社は経営者が最も頼りないので、社員達がそれを補ってくれるんです
cl219.gif
よ。もしかしたら、それが一番の強みかも知れませんね。」と答えると、爆笑の渦が巻き起こり、それまで静寂だったセミナー会場の雰囲気が一変しました。
 7月20日から本社に新しい仲間が加わりました。面接の時に彼女が「初任給をいただいたら、お母さんに何かプレゼントをしたいと思っています。今まで心配ばかり掛けて来て、あまり親孝行ができていないので...」と語ってくれたことが印象的でした。二十代の若者の考えを聞きながら、私も「親孝行」というキーワードを頭の中に並べ、考えてみることに。私が考える親孝行とは「日々の様子を定期的に伝え、安心をさせること。」と言う結論に至りました。私を支えてくれる社員達の日々の活躍や、マキノを応援してくださるお客様のことを定期的に母へ伝えようと思います。SUNらいふ7月号のサンデーキッチンで取り上げた「新生姜の甘辛煮」は母直伝のレシピでした。先日、読者から寄せられた感想をコピーをして母に渡しました。これから小さな親孝行をコツコツと続けて行きたいと思います。

このページの先頭へ