HOME »  社長コラム » 「一度きりの人生」

社長コラム

「一度きりの人生」

2017年12月 1日掲載

cl209.gif
 2017年も残すところ一カ月を切りました。歳を重ねるごとに、月日が経つのがとても早く感じられます。「時間は誰に対しても平等である!!時間はお金で買えない!!」これは以前参加したセミナーで講師が語っていた言葉です。その時はこの言葉の意味を理解できませんでしたが、歳をとった今、時間の大切さを実感しております。長野県の男性の平均寿命は80.88歳(2013年データ)。この先平均寿命まで生きられたとしても、私の人生はとっくに折り返しを過ぎていることになります。残された人生の時間をどのように過ごすのか...今まさに今後のプランをじっくり練っているところです。
 父から会社を引き継ぎ、間もなく20年になります。もしも、この20年間の様子が映像で観れるとしたら...きっと全力疾走している姿が映し出されることでしょう。Macに向かいSUNらいふの原稿を夜な夜な作ったり、朝まで輪転機をまわし続け3万枚ものチラシを印刷をしたり、ほかほか祭りの準備が終わらず事務所で朝を迎えたり、今になれば必死だった頃を懐かしく思います。自分が本当にやりたい事を見つけ、それを形に変えた時の喜びは感慨一入です。これからも「お客様を喜ばす!!」と言う気持ちを持ち続け努力して行きたいと思います。人生は筋書きのないドラマみたいなもの。一度きりの人生ですから、後悔をしないように新たなことにもチャレンジをして行きたいと思っております。
 今年も一年間、たくさんの皆様から励ましのお便りを頂戴しましたことを、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。来るべき新しい年が皆様にとって佳き年でありますように。感謝越年。

このページの先頭へ