HOME »  社長コラム » 大晦日におせち料理は食べる?

社長コラム

大晦日におせち料理は食べる?

2014年12月 1日掲載

 師走は何かと気忙しい日々を過ごすことになります。年末の挨拶まわり、大掃除(会社+自宅)、年賀状の準備、そして年明け早々に開催される経営計画発表会の準備など、考えるだけで思考回路がショートしそうです。子供の頃はクリスマスという一大イベントが楽しみで、毎日ワクワクしながら過ごしたものですが、現在は年末までギュウギュウに詰まったスケジュールを滞りなく進めるのに必死です。一日24時間では時間が足りない・・・と言うのが本音です。牧野家では毎年30日に大掃除、31日は朝からお年取りの準備が行われます。私の役割は実家から届く、のし餅を切ることと、しめ飾りを飾ることです。普段、家のことは妻に任せっきりなので、この時ばかりはハッスルしております。
cl173.gif
 ところで皆さんのお宅では、大晦日におせち料理を食べますか?妻曰く「おせち料理は正月三が日に食べるものでしょ〜」と。私は子供の頃から母が作ったおせち料理を大晦日に食べてきたので、食卓におせち料理が並ばないとお年取りの気分を満喫できません。そこでどちらの見解が正しいのかヤフー知恵袋で調べてみると、このように記されていました。
〝世間一般的に「おせち料理は正月三が日に食べるもの」という認識が強いですが、本来おせち料理は大晦日の夜に食べる「年迎え料理」でした。〟
 これで今年の大晦日は気兼ねすることなく、おせち料理を堪能できそうです。(笑)
 今年も一年間、マキノコラムを応援して頂きありがとうございました。ネタが尽きるまで頑張って続けたいと思います。感謝越年。

このページの先頭へ