HOME »  社長コラム » 黄色い声援

社長コラム

黄色い声援

2014年5月 1日掲載

 一年で最も過ごし易い季節が訪れ、新たな趣味でも始めようかな?と思っている今日この頃です。私の名刺の裏には、〝趣味:ワカサギ釣り〟と記されていますが、5年近くも竿を垂らしておらず、趣味とは言い難くなりました。
 休日は家にひきこもり、朝から晩までテレビに噛り付いている私。そんな姿をみかねたのか「何か趣味でも見つけたら!!」と妻から助言を受けました。そもそも飽き性な私は、興味を持って始めても長続きしません。近年は家庭菜園、ラジコン、アコースティックギター、ルアーフィッシングなどを少しだけかじりましたが、どれも途中で挫折してばかりです。
 今までの人生の中で1つだけハマったことがあります。今から30年も前のこと。高校時代、どうしてもギターが欲しくてアルバイトに明け暮れた毎日でした。二年間掛かって貯めたお金でベースギターを購入し、仲間三人とバンドを結成しました。バンドを結成した目的は至って明快、女子生徒からモテたかったからです。当時はへヴィーメタルが全盛期で、アースシェイ
cl166.gif
カーの楽曲をコピーすることにしました。晴れの舞台となるのは学園祭のステージ。全校生徒を前に演奏をするわけですから、練習にも気合が入りました。毎日、ギターを担いで登校し、アースシェイカーの楽曲からチョイスした5曲を必死になって練習したことを今でも覚えています。決して上手なバンドではありませんでしたが、黄色い声援をたくさん浴びながらステージに立った時のあの感動と興奮は生涯忘れられません。先日、実家の物置から学園祭のステージを撮影したビデオテープが出て来ましたが、未だに視聴する決心がつかないでおります。

このページの先頭へ