HOME »  社長コラム » レモンティー

社長コラム

レモンティー

2014年2月 1日掲載

 自営業と言う環境で育った為か、学校から帰ると毎日の様にお客様や取引先の方々が会社に来られていました。大人達の会話に加わるわけでもないのに、一緒になってお茶を飲むのが楽しかったものです。インスタントコーヒーにたっぷりのクリープと角砂糖を二つ入れた超甘いアメリカンコーヒーを飲むのが学校から帰ってからの日課でした。そんなある日のこと。いつもはお客様に緑茶かインスタントコーヒーをお出しするのに、なぜかその日は珍しく紅茶が出されていました。牧野家で出される紅茶と言えばもっぱらお歳暮で頂いたティーバッグ紅茶。しかしこの日はティーバッグが見つかりません。また、いつもは紅茶の香りがしなくなるまで
cl163.gif
ティーバック紅茶を何度も使っているのに、この日の紅茶は甘い香りが漂って来ました。「何かいつもと違うぞ・・・」と感じた私は辺りを見渡すと、魔法瓶の横に見たことのない大きな缶が置かれているのを発見しました。缶には「レモンティー」と書かれており、粉末タイプの紅茶が入っていました。その日から、毎日学校から帰ると粉末紅茶を大さじ二杯入れた甘い紅茶を飲むのが日課となり、母親が大切に飲んでいた紅茶はあっという間になくなってしまいました。
 忘年会のビンゴゲームで昔ハマった粉末紅茶が当たりました。紅茶の味はもちろん、缶のデザインも昔と変わらぬまま。思い出に浸りながらティータイムを楽しんでいます。

このページの先頭へ