HOME »  社長コラム » 水と安全はタダ

社長コラム

水と安全はタダ

2013年11月 1日掲載

 我が国は「水と安全はタダ」と言われて来ました。現在も蛇口をひねれば安全で美味しい水がいつでも飲めるわけですが、10年程前からミネラルウォータを宅配するビジネスが始まり、いつしか水は買って飲む時代になりました。
clm160.gif
 私が子供の頃は、喉が渇くと蛇口に口を付け、水道水をがぶ飲みしたものです。子供ですから時にはジュースが飲みたくなり、母におねだりをしましたが、母は頑なに私の要求に対してNOと答えるだけ。夕食時に父が飲む瓶ビールがカルピスなら良いのに・・・と母にぼやいたものです。母は決まって「上田の水源は菅平ダムだから、ジュースなんかよりずっと美味しいんだよ。」と言われたものです。確かに実家の水は冷たくて美味しいけど、私が求めているのは甘くてシュワーっとする飲み物。しまいには台所に行き、砂糖と氷を入れて良くかき混ぜ、単なる甘い飲み物を自分で作って飲んだものです。カブト虫が好んで飲むような砂糖水を飲んでいたのかと思うと笑ってしまいます。
 ある日、学校から帰ると「マサユキ、蛇口をひねってごらん。ジュースが出るようになったよ。」と母が嬉しそうに言いました。一目散で台所に行くと、吐水口に見たことのない機器が取り付けられていました。これで毎日ジュースが飲めるのか!!と思い、ワクワクしながら蛇口をひねるとコップには透明な液体が注ぎ込まれました。「あれっ?水と変わりないじゃん?」と母に尋ねると、「まぁ飲んで見なさいよ。」と言われ一気に飲み干しました。何ら今までと変わらぬ水道水に私は返す言葉もありませんでした。上田の水は美味しいと言っていた母に、浄水器なんか必要なかったんじゃないの~と言ってやりたかったですね。

このページの先頭へ