HOME »  社長コラム » 定義

社長コラム

定義

2013年10月 1日掲載

 1978年、漫画「サーキットの狼」をきっかけに、スーパーカーブームが巻き起こりました。大人から子供まで熱狂したスーパーカーブームは、社会現象になるぐらい凄かったようです。当時10才だった私もスーパーカーに憧れ、熱狂した一人でした。上田のような田舎に、ランボルギーニカウンタックやロータスヨーロッパなど、憧れのスーパーカーが走っているはずがない・・・と思いながらも、学校からの帰り道はできるだけ大通りを通って帰宅したものです。もっぱら街で見かけるのはメルセデス・ベンツやBMW、ビートル(フォルクスワーゲン)などの外車ばかり。この頃、子供達の間では外車=お金持ちと言う定義がありました。今思えば、近所でベンツに乗っているのはお医者さんぐらいでしたから、子供達の定義は正しかったと思います。
cl159.gif
 ある日、学校からの帰り道、お医者さんの自宅の前を通った時こと。普段は閉まったままのガレージのシャッターが全開になっていました。ガレージの中からは、今まで聴いたことがない、けたたましいエンジン音が鳴り響いていました。友達と一緒に耳を塞ぎながらガレージを覗き込むと、生まれて初めて見るスーパーカーが暖機運転中ではありませんか! 友達は「ポ・ポ・ポルシェ911だぁ~!!」と大はしゃぎでしたが、私はお医者さんがかけていたサングラス姿に心打たれてしまいました。それ以後、お金持ち=サングラスという新たな定義を持つのでした。

このページの先頭へ