HOME » マキノの安心7つ星

マキノ「安心の7つ星」

マキノはお約束します。「お客様に心からご満足いただけるリフォーム工事」とは、「お客様が末永く快適に安心して暮らせること」だと、マキノは考えます!リフォーム工事を通して、マキノは 安心の7つ星 をお客様にお届けします!

マキノの安心7つ星

プロとしての提案力

 マキノは、永年培ってきたリフォームのノウハウをフルに活用して、それぞれのお客様に適したご提案・アドバイスをさせていただきます。

1.ライフスタイルの変化を読みとる

 最近はインターネットの普及など、メディアの発達によって、多くの情報を気軽に入手できる時代になりました。リフォームについても同様で、お客様がご自身で手に入れた情報を基にして、様々な夢や理想を描いているのが私たちにも伝わって来ます。
そんなお客様の願いを、リフォームによって叶えることが、私たちの大切な仕事です。

 将来の「ライフスタイルの変化」です。

「今は夫婦二人の生活だが、5年後には子どもが結婚をして、同居をしているかも知れない。」
 そんなお客様には、二世帯が同居した場合でも、快適に暮らせるリフォームでなければ、せっかく今リフォームをしても、数年後にはまたリフォームをしなくてはならない事態を招きます。トイレの数やキッチンの配列など、ライフスタイルによって配慮すべきポイントが、リフォームにはたくさんあります。
 5年後・10年後といった、お客様の将来のライフスタイルを読み取り、お客様とともにイメージをふくらませて、それにふさわしい提案をすることが、私たちリフォームのプロがすべき役割だと考えています。

このページの先頭へ

2.お打ち合わせシートの活用

お打ち合わせ確認書

 お打合せの際にお客様からいただく情報は、どんな小さなことも聞き逃すことがないように、全て所定の「お打合せシート」にその場で記入致します。


このページの先頭へ

3.材料、商品へのプロとしてのこだわり

 マキノでは、ユニットバスやシステムキッチンなどの住宅設備機器はもちろん、使用する材料の1つ1つにもこだわり、吟味してご提案をさせていただきます。
 例えば、タイル貼りの浴室をユニットバスにリフォームするお客様の多くは、タイルがひび割れ、水漏れが起きたり、その水漏れが原因で土台が腐ってしまったり、シロアリが発生したり、そうした問題を解消するためにリフォームを決断されます。
 では、実際に数あるメーカーの中の多彩な製品の中から、わが家のユニットバスを決めるポイントは、一体何なのでしょうか?
 パンフレットを見比べたり、ショールームに行って実物を見たり、触ったりしながら、慎重に検討をされると思います。お客様にとっては、どれも今までの浴室とは違い、キレイで新しい感じがして、ついつい色やデザインに目が行ってしまったり、のんびり足が伸ばせる浴槽や、高齢の方にも安心な手すりが設置されている、などの「見た目の機能性」に魅かれたりしながら、悩みに悩んで一つに決めるのがよくあるケースと思います。何十年も使うものですから、色やデザイン、機能性は確かに大切なポイントです。
 しかし、これで「水漏れ」や「シロアリ」は大丈夫でしょうか?
 大変残念なことですが、知名度の高いメーカーの製品であっても、私たちプロにはそうした点で疑問符が付く製品が数多く出回っています。そういった製品は、私たちのようなリフォーム業者に安い価格で納入されますので、大胆に値引きをしても業者は儲かる仕組みなのです。
 また、自社で開発した製品の欠点を自ら進んでお客様に説明するとは、なかなか考えにくいものです。メーカーのショールームへ足を運んで、実際の製品を見ても、落とし穴はたくさんあるのです。
 リフォームを検討する際には、たくさんのメーカーのショールームに出向き、各社の製品を比べて研究するなど、手間を惜しまず、製品選びをしてください。
マキノの「リフォーム体験館」では、マキノがおススメするユニットバスやシステムキッチンなど、各種メーカーの多数の住宅設備機器を展示しておりますので、ぜひ、お越しください。

このページの先頭へ

高い工事品質

 マキノは、工事品質にとことんこだわります。 妥協した工事は一切許しません。

1.職人へのこだわり

 リフォーム工事成功の8割は、工事を手掛ける「職人」で左右します。しかし今の時代、「腕が良い職人」というだけで、お客様にご満足いただけるリフォームになるでしょうか?
 マキノでは「時代のニーズに適合した職人」が最善のパートナーであると考えております。
 ひと昔前の職人と言えば、「頑固一徹、腕にゆるぎない自信あり。」というイメージが定番でしたが、時代は大きく変わり、職人に求められるものは単に「腕が良い」ことだけではなくなったと感じています。
「時代のニーズに適合した職人」とは何か?
マキノは「腕が利き、マナーが良く、人柄が素晴らしい!」、そんな職人像を求めています。マキノと職人は言わば運命共同体。マキノの経営理念を理解してもらえる職人でなければ、高い工事品質を提供することは不可能です。
  そこでマキノは、職人さんとメーカーさんとともに「マキノ勇士会」を発足させました。
 マキノ・職人・メーカーが三位一体となり、それぞれがレベルアップに努め、お客様に心からご満足いただけるリフォーム工事を実現させるために、更なる連携を深めようとするものです。
 以下は、マキノ勇士会の六つの問題解決宣言「六問宣(ろくもんせん)」です。

「職人は腕が利けば良い。」という時代はもう終わり。
職人気質(かたぎ)も悪くはないが、頑固一徹はもう古い。
リフォームとは、お客様の住まいの"問題"を解決する仕事。
だから我々職人達も、旧来の問題を解決し、"新時代の職人"として、現状に満足することなく、
常に向上心を持って、お客様に愛していただけるマキノの職人になることを、ここに宣言します!

一、愛される「人柄」を追求します。
不器用でも、人としてのマナーは守ります。施主様はもちろん、ご近所の方にも、自発的に「挨拶」をします。
服装や身だしなみ、道具や車両の管理を徹底します。

二、「現場」の在り方を追求します。
「現場は散らかるもの」という意識を捨て、美化に努めます。
毎日、現場の「清掃」と「整理整頓」を行います。「上履き」を持参します。
「養生(ようじょう)」を徹底し、大切な家にキズを付けません。

三、職人としての「サービス」を追求します。
職人にサービスなど無縁だったのは、昔の話。
マキノ勇士会は、お客様の喜びを"活力"にして、「職人ならではのサービス」を考え、実践します。

四、お客様からの「クレーム」を"ゼロ"にします。
マキノ勇士会では、毎月「定例会議」を開き、職人同士が現場での問題点や課題を持ち寄り、会員全員で解決策を見い出します。

五、職人同士の「連携」を強化し、工期を厳守します。
自分の役割だけに甘んじることなく、現場代人(だいにん)を中心に、職人同士が連携し、
天変地異以外の理由で、工期を遅延させません。

六、「職人はプロである」ことにこだわります。
職人気質にこだわるのではなく、「職人はプロである」ことにこだわります。
マキノ勇士会に「妥協」という文字はありません。

 こうして、私たちマキノに関わる全ての者が、常にお客様の生の声に耳を傾け、問題点には敏速に改善するよう努めております。決して現状のレベルに満足することなく、常に向上心を持ち続けることによって、より良いサービスをお客様へ提供できると考えております。
 地域ナンバー1の職人が責任を持って、リフォーム工事をお引き受けいたします!!

このページの先頭へ

2.着工前の打合せの徹底

 仕事は「段取り八分」と言うように、着工前の打合せは特に重要なものです。リフォーム工事において起きるトラブルの1つとして、営業マンにお願いしておいたことが職人に伝わっていない、ということがあります。
 このようなトラブルを発生させないために、マキノでは着工前ミーティングを徹底しております。お客様との打合せ内容の全てが、直接工事に携わる職人に必ず伝わるように、特に念入りに実施しています。また、着工中にもミーティングは随時行い、実際に工事が進む過程での情報を共有し、常に円滑でミスのない工事の実現のために、話し合いを繰り返します。

このページの先頭へ

3.工事中の徹底した現場管理

 リフォーム工事はほとんどの場合、住みながらの工事になる訳ですから、予定通りにお引き渡しができなければお客様にご迷惑をお掛けしてしまいます。
マキノでは、工事期間中は各現場に必ず「現場代人(げんばだいにん)」を配置し、1つ1つの工事が見積り通り、工程表通り進められているかを毎日チェック致します。
 日々の職人の作業についても「現場代人」が全て管理しますので、「朝から待っていても職人が来ない!」というトラブルは絶対に起きません。また、留守宅に工事をさせていただく場合には、現場代人が責任を持ってお家のカギの管理をさせていただくとともに、お客様とのコミュニケーションが不足しないよう「連絡帳」を用意し、工事に対するご要望やお問合せについて現場代人が毎日お答えし、ご不安が解消されるよう、努めてまいります。

このページの先頭へ

4.完了工事検査の実施

リフォーム完了工事検査所

 マキノでは、お引き渡しの前に2段階による「完了工事検査」を実施します。
 まず、現場代人が1回目の検査を「完了工事検査書」に基づいて行います。20項目に及ぶ厳しいチェックを全てクリアし合格するまで、不完全な箇所は何度でもやり直し工事を致します。
 その上で、検査官を代え2回目の完了工事検査を行います。その際にはお客様にもお立ち会いいただき、一緒に確認しながら20項目を再度チャックしていきます。
 マキノではこの2段階の完了工事検査に合格しないと、お引き渡しをしない規定になっております。お客様が夢と希望を抱き、私たちにリフォーム工事をお任せいただいた訳ですから、絶対に妥協は許しません。


このページの先頭へ

5.お客様満足度調査

 2段階に渡る完了工事検査に合格し、お引き渡しをする段階では、社長牧野自らが現場に出向き、「お客様満足度調査」を実施しています。社長が直接お客様の生の声を聴かせていただくことは、今後マキノが成長していくために非常に重要なことだと考えております。工事中のことや仕上がりの状況など、何でも率直にお話しください。伺ったお話を基に、至らぬ点を1つ1つ改善し、もっともっとお客様の満足度を高められるよう努力してまいります。
 また、専用の用紙にご記入いただく「満足度アンケート調査」は「無記名方式」で実施しております。工事の満足度やスタッフ・職人の対応など、ささいなことでもご遠慮なくお答えください。

このページの先頭へ

適正な価格設定

 マキノでは、明瞭で分かりやすい見積書の提示をさせていただきます。
 これまで工事をさせていただいたお客様からは、工事金額についても、「適正で納得」「満足である」と評価をいただいております。

1.適正な価格提示には、明瞭な見積書が必要

 お客様にとって、リフォーム工事の金額は、安ければ安い方が良い。それは当然のことだと思います。しかし、安さだけにこだわって業者を選ぶのはとても危険です。安さばかりを強烈にアピールし、気持ちを揺さぶられて発注をしたものの、いざ工事が始まると不当な追加料金を請求されトラブルになったり、仕上がりや後々の対応が期待外れで後悔されたりと、結局は不満が残る高い買い物になってしまうケースが残念ながら多いのです。
 リフォーム工事は、決して安い買い物ではありません。
 では「適正な工事価格」とは、一体どういうことでしょうか?ほとんどのリフォーム業者の見積りは「○○一式」という表記が多く、その金額が適正かどうか、お客様には判断しにくいものだと思います。
 マキノが考える適正価格とは、「1つ1つの工事価格が明瞭であること」だと考えています。製品・材料・工賃を細かく明確に提示することによって、金額の根拠が全て示されます。お客様にそれらを理解し、納得していただいた金額、それが「適正な工事価格」だと、マキノは考えます。

このページの先頭へ

2.根拠のない見積りには要注意

 以前、こんなご相談がありました。外装の塗装工事の見積りを3社に依頼したところ、金額があまりに違い過ぎて、どの会社の見積りを信じて良いのか分からなくなってしまった、というのです。

A社【チラシを見て問い合わせしたリフォーム会社】 金額 400万円
B社【知り合いに紹介してもらったリフォーム会社】 金額 300万円
C社【近所のリフォーム会社】           金額 150万円

 皆様だったら、A・B・Cどの会社に工事を依頼しますか?一番安いC社でしょうか?それとも間をとって、なんとなく無難そうなB社でしょうか?
 同一条件で依頼したにも関わらず、A・B・Cの3社はなぜこんなに見積り金額の違いが生じたのでしょうか?
 このように2社以上で「相見積り(あいみつもり)」をとった場合には、まず「依頼した内容通りに見積りがされているか」を確認することが大切です。材料や工程が違っていれば、同じ土俵で比べることはできません。見積り業者から1つ1つの内容についてしっかり説明を受けることも大変重要です。
 ちなみにこの方は、3社から工事内容の説明を聞いたものの、納得することができなかったため、3社ともお断りをしたそうです。中には相見積りだと分かった時点で、何と100万円も値引きをしてきた会社もあったそうです。こうなると一体、最初の見積り金額の根拠は何だったのか、分からなくなってしまいますよね。

このページの先頭へ

3.相見積りをとる場合の注意

 相見積りをとることは、お客様がより良いリフォーム業者を選ぶための1つの重要な手段です。ただ、手当たり次第に多くの業者から見積りをとれば良いかと言えば、そうではないと思います。
 相見積りは3社程度に絞って依頼するのが妥当だと思います。依頼するのにも、説明を受けるのにも、あまり多くの業者が相手だと、冷静な判断ができなくなってしまうことも心配されます。
 そして先ほども述べたように、同じ条件で見積りをしてもらわなければなりませんから、要望は事前に箇条書きにまとめ、各社にはコピーしたものを渡すことをお勧めします。3社で相見積りをする場合、同じ依頼を3回することになりますので、まとめた書類を渡すことで、より同じ条件での見積りをしてもらうことにつながります。また、事前にまとめることで、お客様ご自身も希望が整理され、業者に伝えたことも手元に残りますので、「言った!」「言わない!」のトラブルを回避することにも役立ちます。
 見積りを受け取る際には、必ず直接会って説明をしてもらうことが重要です。「見積りは郵送してください!」「ポストに入れておいてください!」ということは絶対にやめましょう。専門用語がズラズラと並ぶ見積書は、ただでさえ分かりにくいものです。しっかり説明を受けて、不明な点は遠慮なく質問しましょう。
 こうして相見積りをとったら、どこの会社を選ぶか、大きな悩みとなります。満足したリフォーム工事ができるかどうかの大切な決断です。工事金額だけの安さだけでは決められません。
 マキノと他社との取り組みの違いについて、分かりやすくまとめた一覧表「くらべてみてね!マキノと他社!」をぜひご活用ください。

お見積り書

このページの先頭へ

4.マキノなら明瞭な見積書で金額も納得

 工事価格が適正かどうかをお客様に判断していただくだけではなく、お客様との信頼関係を築くためにも、「明瞭な見積書」はとても大切だと感じております。信頼関係が築けないまま工事を請け負うことは、後々のトラブルの原因にもなりかねません。
 マキノでは、見積書に対して、強いこだわりを持っております。製品・材料・工賃の1つ1つについて、細かく積算をし、分かりやすい見積書になるよう心掛けて作成します。そして、見積書の内容を説明させていただく際にも、パソコンによるスライドショーなども活用しながら、1つ1つの工程をじっくりと丁寧にお話しさせていただきます。全ての内容をご理解いただけるまでは、何度でも説明させていただきます。
 ですので、浴室リフォームの場合でも、見積書はおよそ12ページほどの分厚いものになり、その説明にはおよそ1時間程度かかります。
 マキノの見積書について、お客様からは「工事の内容がとても分かりやすかったし、金額についても工程ごと明確に提示されていたので、納得できた!」と、お褒めの言葉を多数いただいております。

このページの先頭へ

アフターメンテナンス

 マキノでは、「アフター・メンテナンス」に特に力を注いでいます。
 アンケート調査からも、マキノを選んで良かったポイントとして、「アフター・メンテナンス」を挙げてくださるお客様が大変多いのです。

1.アフター万全

 過去に工事をさせていただいたお客様に対し、アンケート調査を実施した結果、「お引き渡し後に最も不安になること」として、下記の3つの点が挙げられました。

1.設備の使い方が分からない。
2.設備のお手入れの仕方が分からない。
3. 設備の保守管理(水道管の凍結防止など)の仕方が分からない。

 そこでマキノでは、お引き渡し後に毎月必ずお客様のお宅を担当スタッフが訪問させていただき、設備についての疑問や不安を伺い、1つ1つ丁寧に対応させていただく活動を行っております。特に最近の住宅設備機器は、機能が多い分、使い方も複雑になってきているので、お引き渡しの時のたった1度の使用説明だけで全てを理解することはとても難しいことです。実際に使っている中で、疑問が生じてくるのも当然のことです。
 せっかくお買い上げいただいた設備を正しく快適にお使いいただくために、ご不明な点は何度でも説明に伺いますので、お気軽にお申し付けください。

 また、毎月の定期訪問の際には、お引き渡しから1年間(12カ月)に渡り、リフォーム工事の種類に応じてプレゼントをお届け致します。
◎浴室リフォーム:「お風呂用洗剤」、「ボディソープ」、「入浴剤」の3つの中から毎月1個・1年間
◎キッチンリフォーム:「食器洗い乾燥機専用洗剤」、「食器用洗剤」のどちらか一つ毎月1個・1年間
◎下水道工事 「トイレットペーパー6ロール」、「トイレマジックリン」のどちらか一つ毎月1個・1年間

プレゼント品

このページの先頭へ

2.充実のメンテナンス

定期点検のお知らせハガキ

 マキノはお引き渡し後、毎年1回の「定期点検」を無料で実施し、常に快適な状態でお使いいただけるようにサポートさせていただきます。定期点検のご案内は、マキノより往復ハガキを郵送させていただきますので、必要事項をご記入の上、ご返送ください。
 なお、定期点検を年1回以上お受けいただけないお客様については、5年間保証の対象外となりますので、ご注意ください。
 またマキノでは、お客様の住まいのトラブルに365日休まず対応させていただいております。お盆もお正月もゴールデンウィークも、お客様がお困りの際には、直ちに駆け付けます。マキノのキャッチフレーズ「小さな修理も笑顔で参上!」の通り、工事後も万全のサポート体制で安心をお約束致します。

このページの先頭へ

有資格者による専門性

 マキノでは、全ての工程において「有資格者」が責任を持って施工させていただきます。

1.リフォーム業界の実態

 最近は「リフォーム」という言葉が雑誌や新聞などで広く使われるようになりました。また、テレビ番組の影響で「リフォームブーム」が一気に巻き起こりました。
 一方で、専門的な知識や技術力、更には経験すら全く無い者までもがリフォーム工事に携わった結果、トラブルも急増しています。工事の欠陥や手抜き、必要のない工事を強要したりというトラブルが日本全国で起こり、社会問題になりました。一時はリフォームと言えば「悪徳商法」の代名詞のような扱い方をされたこともあります。そんなニュースを耳にするたびに、リフォームで仕事をする者として、とても切ない気持ちになります。
 では、このような問題を回避するにはどうしたらよいのでしょうか?
 リフォームという言葉は「reform:再び作る、作り変える、編成し直す」という意味を持ち、陳腐化した機能を竣工時点のレベルまで回復させる行為のことを指します。
 しかし、「リフォーム」には、実は様々な種類の工事があります。お風呂・トイレ・キッチンなどの「水廻り系」や、外壁や屋根などの「外部系」、カーポート・物置きなどの「エクステリア系」など、非常に多岐に渡ります。最近では、家をまるごとそっくりリフォームして、まるで新築するようなリフォームも増えています。
 こうした中で、例えば、塗装工事だけを請け負っていた会社が、ある日突然「リフォーム○○」と名前を変えて、水廻り系のリフォームを勧めるチラシを配って来たら、どうでしょう?それを見たお客様には、水廻り系も外部系も関係なく、「リフォーム」と言えば何でもできると思っても不思議はありません。こうした業者に水廻りのリフォームを依頼したら...。それは言うまでもなく、悲惨な結果を招いてしまいます。
 多種多様化してきたリフォームのニーズ全てに対応するということは、とてもハイレベルなことだと感じています。お医者さんと同じように、リフォーム会社にもそれぞれ得意とする分野があるのです。お客様が望むリフォームの「専門店」を探すことが、心から満足したリフォームを実現する秘訣だと思います。
 マキノは、「リフォームの総合病院」を目指します。

このページの先頭へ

2.有資格者が勢ぞろい

 マキノおよびマキノ勇士会には、お客様のあらゆるリフォームニーズのお応えできる各分野の「有資格者」が揃っています。水廻り系のリフォームはもちろん、デザイン系のリフォームまで、有資格者が専門的な知識と技術力でお客様に満足のリフォームを提供致します。

このページの先頭へ

地域密着の実績

 マキノは1972年の創業以来、地域に密着したお店作りを営んでまいりました。
 創業者である先代の社長から厳しく教えられたのは、「お客様に常に誠実であること」。
 この言葉を胸に、一生精進してまいります。

工事実績の証

 毎年、たくさんのお客様からお仕事を頂戴し、心より感謝しております。
「チラシを見て」「イベントに参加して」「知り合いに紹介してもらって」など、きっかけは様々ですが、毎日新たなお客様とご縁を築けることは、何事にも変えがたい喜びの連続です。

 「いつも困った時には連絡をすればすぐに駆け付けてくれるから助かるよ。『遠くの親戚より近くのマキノ』だねぇ。今度、リフォームをしたいという知り合いがいるから、マキノを勧めておくよ!」
定期訪問で伺ったお客様に、こうおっしゃっていただいた時には、涙が出る程、嬉しかったです。

2008年は1年間で、小さな修繕から大掛かりなリフォームまで、1000件以上もの工事をご依頼いただきました。工事の大小に関係なく、マキノを頼ってくださったこれほどの数のお客様がいらっしゃることに、大きな喜びを感じています。これからもマキノの社員はもちろん、工事に携わる職人やメーカーの方々と力を合わせて、お客様に心からご満足いただけるリフォーム工事を提供できるよう、一層努力してまいります。

 マキノでは、日頃ご愛顧くださるお客様のお役に立てる取り組みも積極的に行いたいと考え、下記のような活動をしております。今後も新たな取り組みを精力的に展開してまいります。

このページの先頭へ

1.マキノファン感謝デー

 毎年、春と夏に、日頃ごひいきにしてくださるお客様に感謝の気持ちを込めて「ファン感謝デー」を開催しています。
スタッフ一同お客様におもてなしをします。

このページの先頭へ

2.プラスワンキャンペーン

 リフォーム工事の際、現場に携わる全ての職人が感謝の気持ちを込めて、お客様の住まいのお悩みを何か1つ、サービス工事で対応させていただいております。口ベタな職人たちが、「ありがとう」の気持ちを「技術」でお伝え致します。

このページの先頭へ

3.感謝祭

 毎年秋に、お客様への感謝の気持ちを込めて、「ほかほか祭り」と題した感謝祭を開催しております。この感謝祭を楽しみにしてくださるお客様も年々増え、2012年は3000人以上のお客様にご来場いただきました。「ほかほか祭り」はそのネーミング通り、心が温まるお祭りにしようと、毎年社員が一丸となって取り組んでいる、マキノの年間行事の中で最大規模の催しです。


このページの先頭へ

責任と誇りの証・5年間工事保証

マキノは、全ての工事に対して、独自の「5年間保証」をお約束しています。

1.5年間保証は自信の表れ

保証書

 製品や機器においては、通常「メーカー保証」というものがあります。しかし、工事を請け負った会社がその工事に対して保証する、ということはまずありません。口約束で保証すると言っても、後で「そんな約束はしていない」「その箇所はウチではやっていない」と責任逃れをするケースが多く、そうしたトラブルが後を絶ちません。
 マキノが請け負うリフォーム工事は、使用する材料から、システムバス・システムキッチンなどの住宅設備機器に渡る全てにおいて、慎重に吟味して提案をさせていただいております。また、1つ1つの工事についても、熟練された一流の職人が責任を持って仕事をしています。
 だから、マキノは全ての工事に対して、「5年間保証」をお約束します。
 5年間にも及ぶ工事保証は、言わば私たちの自信の表れでもあります。「工事保証書」は工事代金のご入金後速やかに発行し、お客様のもとへお届け致します。

このページの先頭へ

2.万が一の時もすぐに駆け付けます

 私たちが請け負った工事について、保証期間中に「建具の締まりが悪い」「クロスが剥がれてきた」「蛇口から水漏れがする」といった不具合が起きた場合には、全てマキノが保証し、無料で修繕致します。
 製品や機器については、メーカー保証が切れても、マキノの保証期間中であれば、責任を持って対応致します。(お客様の不注意や天災などにより起こった不具合・故障は、保証の対象外となります。)
 万が一、不具合が生じた場合には、ご連絡いただいたその日のうちに、スタッフがお伺いします。
もちろん、緊急を要するトラブルの場合には、直ちに駆け付けます。お客様のご不便を最小限に留めるよう、クレームについては最優先にて手直しをさせていただきます。
 またマキノでは、AIU保険会社と損害保険契約をしておりますので、工事中の事故や破損、工事後の万が一の問題も心配御無用です。職人の事故やケガも、労働基準監督署の指導の下、「労働災害保険」に加入しておりますので、お客様にご心配・ご負担をおかけすることは一切ありません。ご安心ください。

このページの先頭へ


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤルでの
お問い合わせ番号は0120-026-146

E-mailでのお問い合わせ

e-mailkでのお問い合わせ

フォームメールでのお問い合わせ

フォームメールでのお問い合わせ

お見積もりのご依頼

お見積もりフォームメール

お客様からよくいただくご質問を「Q&A形式」にて掲載しております。 こちらもぜひご覧ください。

よくある質問を見る

弊社のプライバシーポリシーはコチラをご覧下さい

リフォーム体験館・リフォームのマキノ

このページの先頭へ